アフィリエイト

【アフィリエイト】質の良い記事ってどんな記事なの?

記事の質

みなさん こんにちはmakadamiです。

よく「ブログで稼ぐためには、質の良い記事を書きましょう!」と言いますが、

どういった記事を書けば良いのかわからないですよね。

見た目の問題なのか、それとも文章力なのか、文字数?・・・といった事は間違いではありません。

はっきり言いますと質の良い記事とは、

「読者の悩みを解決する記事」を書けているかどうかです。

読者は、悩みや疑問を解決するために検索して記事にたどりつきます。その記事に求めている情報があれば、読者は

「ためになった」「他の記事もみたい」と評価するでしょう。

この記事では、具体的に質の良い記事の書き方を解説しています。それでは、本文へどうぞ。

SEO的にも「質の良い記事」は大切

記事

Googleは「ユーザーファースト」です。

アクセス数を増やすために記事数を増やしても、内容がなければ、「質の良い記事」は生まれません。

それどころか誰も読んでくれないです。

もちろん質の良い記事についての答えは、人それぞれ違います。

ただ決定的なのは、Googleが「ユーザーファースト」な事です。

読者の悩みを解決する記事も正解です。読者が見やすいように記事を作るのも正解です。

今の検索エンジンを、テキスト評価をする程度だと思っている方は多いと思いますが、はっきりいって今は、そういうレベルを超えているので

「テキスト」で対策をするよりも「読みやすさ」「悩みを解決する記事」に取り組んだ方が、効果的です。

googleロボット
ワタシ、神。

Googleロボットは日々進化しています。

また、上位表示するために「質の良い記事」を書くならGoogleの判断基準に合わせて書く必要もあります。

point

・Googleが「質の良い記事」の基準を決めている。

・Googleの判断基準に合わせて書こう。

・Googleは基本的に「Q & A」で成り立っているので、読者の悩みを解決する記事を書こう。

重要なポイント「質の良い記事」

つまりどういうことか説明すると

Googleは、検索ユーザーにとって便利な検索システムになる為に、進化し続けていますよね?

それは何故か?

Googleは広告収入で成り立っているので、

Googleの検索エンジンを使うために、大勢の人が集まる状態を作りたいからです。

逆に検索ユーザーから使いずらいと思われ、利用者が減ると、広告価値が下がり、Googleという会社が成り立たなくなります。

なので、検索ユーザーにとって便利な検索システムであり続ける必要があるのです。

そのためGoogleは、定期的にアップデートを行っています。

なので、今のGoogleは、どういった言葉や文章が「ユーザーにとって有益な情報」なのかが分かっていると思った方がいいです。

またユーザーの役に立つ記事を書くと、なぜアクセスが集まるのか?

googleロボット
今のワタシ、人間デス。

このメカニズムを深く理解できるかどうかが、SEOライティングで重要なポイントとなってきます。

その為、ユーザー目線の本質を掴まないといけません。

また、質の良い記事を書く前に、タイトルにキーワードを含めるといいです。

キーワードはタイトルの左寄りに入れるとSEO的に効果的です。

また、カテゴリー名に検索キーワードを含めることも効果的。

以下引用

記事ページのタイトル名に検索キーワード(上位表示させたいキーワード [対策キーワード] )を含めることで、SEO効果が高まり、上位表示が期待できることは承知かと思います。
これと同様に、カテゴリーページのタイトル名(カテゴリー名)に上位表示したいキーワードを含めることで、そのキーワードでSEO効果を高めることができるので、カテゴリーページの上位化が期待できます。

出典:https://seolaboratory.jp/94177/

point

・ユーザー目線で記事を書こう!

ユーザーの悩みを解決する

まずその記事がユーザーが求めている情報でないと見にきてはくれません。

ではユーザーが求めている情報とは何なのか?

具体的に説明すると「悩み」や「欲求」を解決する情報のことです。

検索することは、ユーザーが悩みや欲求などの問題を解決するためにしている行動なんです。

つまりこの記事をみにきてくれているユーザーの方は

「質の良い記事の書き方を教えて欲しい」または

「質の良い記事とはどういったものかを知り、低品質な記事を書かないようにするため」

だと思うわけです。

つまり

あなたの書くジャンルによって書き方は違いますが、そのジャンルでユーザーの悩みを解決する記事を構築すればいいわけです。

point

・SEOに有利な記事の書き方もユーザーの悩みを解決する記事も一緒

・読者のニーズを解決する記事を書こう!

根拠を伝える

今、ネット上では、様々な情報が溢れています。

なかにはデタラメな情報が混在していたりしますが、そのデタラメな情報にも答えが存在しています。

つまり、僕が書いているこの記事が「正解」だという事は、一切ないです。

なのでその根拠を伝えると説得力のある文章が出来上がるので、根拠もセットで伝えてあげるといいでしょう。

ただし、押し付ける事はよくないので、書き手はあくまで「自分の考え」や「根拠」を伝えること。

判断などは、ユーザーに任せればいいのではないでしょうか?

Googleは、恐らく「根拠」もみてくると思うのでぜひ取り入れてみてはどうでしょうか?

point

・自分の考えや根拠を伝えるこも大切!

・判断はユーザーに任せよう!

シンプルに短く書く

最近では、ブログをスマホで読む人が大半です。

スマホで文章を読むときって

長〜くギッチギチに詰め込まれた文章を読みたい人は、あんまりいないですよね?

むしろめんどくさくて流し読みする人が大半だと思います。

そういった事もふまえて「シンプルに短く書く」必要があります。

また見やすくするために上手く、「改行」を使うといいでしょう。

できれば2行〜3行のタイミングでの改行を優先してください。

量より質

「質の良い記事」を知りたい心理。

それは、大量のアクセス数と収益を上げることが目的だと思います。

ではたくさんの記事を書けば、アクセス数と収益は上がるのか?と言われたら答えは「YES」です。

だからと言って、適当な記事をたくさん量産しても読まれる事はないです。

むしろ更新頻度は遅いけれど、きちんとした記事を投稿していれば、

少ない記事数でもアクセス数と収益を伸ばすことだって可能です。

つまり「ユーザーのニーズを解決する記事」をきちんと書けているかどうかが重要で、

なおかつもっと意識するなら、「ユーザー目線」で書けている事や「信頼できる情報が読みやすい文章で書かれていること」

が前提となってきます。

だからといって「自分は問題を解決できる知識がない...」と落ち込まなくて大丈夫です。

あなたの事を記事にするのも全然アリです。体験談や、得意な事を記事にするのもアリです。

あなたの経験や知識は、他の人にとってはじめての情報なので、

「こんな情報、みんな知っている。」

などと思わず、記事にしてみると思わぬ発見があります。

あなたとまったく同じことを考え、同じ経験をして、同じ人生を送ってきた人なんて、誰一人いません。

そう考えたら、あなたの経験や考えは、特別なものです。

「悩みを解決する記事」も読まれやすいですが、「自分で実際に体験した記録や強い想いが書かれた記事」

などが書かれた体験談は、

「情報を求めているユーザーに読まれやすい」のでオススメします。

なんどもいいますが良質な記事とは「ユーザーのニーズを解決する記事」をきちんと書けているかがポイントなのです。



まとめ

この記事を簡単にまとめると...

  1. 質の良い記事とは?
  2. 読みやすさを意識した記事を書くこと。
  3. ユーザーのニーズを解決する記事を書くこと。
  4. ユーザー目線で書くこと。
  5. 体験談も読まれやすいこと。

です。

以上「【アフィリエイト】質の良い記事ってどんな記事なの?」でした。

《こちらの記事もおすすめです↓》

ブログ
アフィリエイトで稼げるブログサイトの作り方を解説します。

続きを見る



  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-アフィリエイト
-