ブログ

【社会の闇】結婚して子供ができた僕が伝えたい事。

洞窟

こんにちは makadamiです。

今日は、結婚して子供ができて、皆さんに伝えたい事を記事にしてみようと思います。

僕は、結婚して子供ができてから「仕事」や「環境」で変化があったので、その変化を具体的に説明していこうと思います。

いわゆる社会の闇といわれるような部分なのかも知れません。

「なぜこうも僕を仕事で辞めさせるような事が起こるんだろうか?」

その答えや子供ができてからの情報が、ネットにもなく、人に聞いても教えてくれないので

もしかしたら、この事を記事にして書くのは、マズイのかも知れません。

僕は「こんな事がありましたよ」って事を話していきたいと思います。

ちなみに僕は離婚しています。

この記事では、これから結婚して子供をつくりたい人に向けての記事となっております。

参考になれば幸いです。

子供ができるまでは、別に普通だった。

僕が結婚して子供ができるまでは「普通」だった。

何が普通なのか?その事を説明していくと、例えば仕事だったり、周りの環境だったりです。

普通に朝起きて、仕事をして、帰るだけの生活。

まあ僕の思う普通ってやつです。

別に怒られるとかもなく、みんなと同じで普通に生活している状態ですね。

休日に遊びに出掛けたり、飲みにいったり、家でゲームをしたりと、人それぞれですけど

結婚して子供ができてからが、「大変」なんです。

子供ができてからの「大変」は「意味」が違う。

よくいわれるのは、子供ができて「大変」じゃんってこと。

まあ「大変」です。確かに「大変」ですが、その大変の意味を当時の僕は、

「金銭面」や「子供の面倒」「家庭」の事、だと思っていたわけですが、実はそれは大きな間違いだった事に気づきます。

例えば、仕事で僕を辞めさせるかのような「嫌がらせ」を受けたりとかです。

「結婚して子供ができたからその嫉みじゃん?」

って思うかも知れませんが違います。

当時の僕は、「人間関係で失敗したな。」と思ったわけですが、子供ができたので簡単に辞めるわけにいかないと思ってましたが

まあ、それに便乗してより一層激しさが増すんですよね。

「イジメ」が。

当時の僕はそう思ってました。

そんな感じだったので見事に辞めましたが...

まだ歳も若く、調理師免許も保有してたので職に困ることは、まだない。

と思って辞めたわけなんですが、次に就職する職業はだいたい決めてあって、それが「大型トラック運転手」。

なぜか?給料はそれなりにいいんですよね。調理師という低所得職業と比べたら。

子供ができて総支給20万ぐらいの給料でやっていくのは正直きついですよね。

大型免許をなんとかとらせてもらおうという算段です。

だがしかし、現実はそう甘くなく、大型免許は取らせてもらえず、取らせてもらったのが、準中型免許でした。

自腹です。

どこいっても「イジメ」は激しい。

運送会社に就職しても、「イジメ」は激しかったです。

その時は、自分を責めていました。僕の何がいけないんだろう?って。

もしくは、ブラック企業に就職してしまったかも知れないと思っていました。

仕事量もあきらかにおかしかったです。

だけど、少し「これは変だな」と思ったのが、アメリカっぽい世界を見せられたことです。

どういうことかを説明すると、トラックで配達中に、対向車の車の運転手が外国人で、何故かクラクションを鳴らされたり。

配達先が工場で、工場内で道に迷って人に聞いたら、その人が、「ここで聞くのはまずい。隠れろ」みたいな雰囲気をだされ

人目のつかないところに移動されたことなど。

その工場内で、外国人が戦車機みたいな乗り物を乗り回していた事など...

そして、トラックの配達が終わって、会社に帰還すると、事務員に「あっち側の人とこっち側の人がいるけど、挨拶だけはして帰ってね」

といわれた事。

いやあっち側とこっち側って...あきらかにおかしいですやん。普通じゃないですやん。むしろ「はあ?」でした。

そしてまた配達中の時なんですが、【日本人のやる気というのは、昔、戦争中に原爆を落とされた時の憎しみなんだぞ】みたいな感じにさせられて

配達先に向かったところ、外国人が一人配置されていて、明らかにビクビクしながら仕事をしていた事など...

凝った洗脳ですよね。

この記事を読んでいるユーザーの方は、「この人頭おかしいんじゃね?」って思うかも知れないけど、事実なんです。

信じてほしい。

当時の僕は、「ブラック企業に入ってしまった。」と思い、そこを半年で辞めてしまいます。

もちろん次の就職先を見つけてなんとか受かったわけですが、もちろんそこでも「アメリカ」を見せられたりしました。

仕事量も明らかにおかしいです。僕がいる時と、いない時では「違う」って事はわかります。

子供ができてからだった。

なんでこうなったんだろうって思ったんですが、明らかに「子供ができてから」なんですよね。

本当に毎日が地獄と化します。

どこいっても怒られます。そして仕事量も「人を辞めさせるかのように激しさを増す」ので、子供をこれからつくろうと思っている方は

参考にしてください。

あとは、子供ができたらお金持ちになる。とかたま〜に聞きますが、多分そうだと思います。

ちなみにそんなこんなで、仕事を辞めたりしていたので離婚しています。

まだお金は入ってきていませんが...

うまく説明できているか不安なところですが、とりあえずここらへんでこの記事を終了したいと思います。

まだ皆さんに伝えたい事はありますけど、後ほど記事にしようと思います。

ですが、もしかしたらこの記事は削除するのかも知れません。

いわゆる大人の暗黙の了解といわれるタブーに触れてしまっているかも知れないからです。

「【社会の闇】結婚して子供ができた僕が伝えたい事。その2」をお楽しみにしててください。

以上「【社会の闇】結婚して子供ができた僕が伝えたい事。」でした。

こちらの記事もおすすめです。↓

お酒
お酒に弱かった僕が、お酒に強くなれた体験談。

続きを見る


  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-ブログ
-