ブログ

【コロナなの?】結婚して子供ができた僕が伝えたい事。その2

コロナが原因なのか?社会の闇は存在している

皆さんこんにちは まかだみ です。

今日は、「【社会の闇】結婚して子供ができた僕が伝えたい事。」の続編です。

過去記事はこちらから

さっそく話ていきましょうか。

子供ができてからイジメが激しくなった具体的な内容を解説していきます。

それでは本文へどうぞ!

コロナなの?いや違う...もっと闇の部分。

結婚し子供ができて、現在離婚していますが、それは恐らく離婚するように仕向けられたんじゃないかと思います。

ずい

離婚するよう仕向けられた...?

では何故、僕が離婚したと思いますか?

過去記事にて説明してありますが、子供ができてからイジメが激しくなったんですよね。

それで仕事を辞めてばかりいた所為で離婚しました。コロナが原因なのか?

しかし前から仕事は長くは続きませんでした。

それではどんなイジメや嫌がらせを受けたのか?

その具体的な内容を解説していきたいと思います

明らかにおかしい仕事量

子供ができるまでは、どこの職場にいっても仕事量は別に変わりませんでした。

中には、きつい仕事もありましたが、どことなく「普通」でした。

ここでおかしくなったのは、子供ができてから明らかに定時じゃ終わらないような仕事量を指示したりと

酷いものがありました。

まかだみ

給料はその分やるから

その分やれと...?

ですが現実は甘くなく、給料は変わりませんでした。給料という言葉は、もしかしたら苦料なのかも知れませんね。

苦しい時に貰う金額。という意味です。

そんな事はさておき、仕事量は尋常じゃなく増えました。

子供ができるまでとは全然違います。コロナなの?いや違う...と。

職場でも何故かイジメが激しくなり、そこを辞めました。

ですが、次の職場にいこうが、どこの職場にいこうが、何故か仕事量は尋常じゃなく多いです。(イジメも酷い)

むしろ、はっきり言わせてもらうと、僕が会社に就職した事により、周りの仕事量も増えたりしたので

基本的にみんなピリピリしていました。「この現象は、どの会社にいても同じ」

ただ僕が、その会社にいる時は、みんなの給料はそれなりに上がって貰っていたと思います。

仕事量が増えたから?いや、恐らく「口止め料」みたいな奴かも知れません。

前の職場の人が、口止め料がどうたらこうたら言っていた覚えはあります。

まかだみ

僕の給料は変わりません。

給料は変わらず、地獄のような仕事量をやらされると思ってみてください。割に合わない...いや、嫌になってくるはずです。

その頭のおかしい仕事量をこなすのは、それなりに面白かったですがね...

怒鳴られるのあたりまえ

基本的に怒鳴られる...いや、怒られるのは当たり前でしたね。

怒りかたも独特で、大体は直接には怒られません。

まかだみ

直接、怒られたりしましたがね...

基本的には、目に見えない暴力っていう類のものでした。

例えば、周りのものを蹴っ飛ばしたり、後は、車で煽られたり、そういった事です。

僕自身、それをやらされていました。それも一度や二度ではないんです。

頻繁にそういった事が、職場では起こっていました。

直接、怒鳴られた事と言えば「なめんてんじゃねえええ」って怒鳴られたことです。

前の職場で、「ここは書いておくんだぞ」って言われたことを当時の僕は、

「めんどくせぇ」で書かなかったんですよね。※基本的にそこは書かなくても問題ありません。

それは怒られても無理はないですね...(書いていない方もいました)

そう教えた上司も仕事は嫌いでしたがね。

嫌がらせも凄かっ

嫌がらせもすごいものがあります。

トラックで配達中に電話がかかってきて、「ある場所に行ってくれ」と指示がありそこにいくと、

また電話がなりました。

電話にでると、「ごめん。やっぱあっちの場所に行ってくれ」と指示があり、そこにいくと、またまた電話がなりました。

電話にでると「ごめん。やっぱまたそっちの場所に行ってくれ」と指示があったり...

まかだみ

何回、同じ場所を往復するんですか?

そう突っ込みたくなりますよね。

これは決して間違いではないです。完全な嫌がらせでしたね。

まかだみ

ただ、この事を

うまく文章に表せているか不安なところです。

基本的に文章で上手く表現しづらい事が、子どもができてから頻繁に起こっています。

後は、最近の嫌がらせは救急車が当てはまります。

具体的に説明すると、救急車を使った嫌がらせです。

実際にあった事をお話しすると、ほぼ毎日5回は救急車が走っているという事。

それもたまにではなく、「毎日5回」は僕の賃貸の周りを走っています。

すごく驚いたのが、自分の職場にも救急車が入りこんできたという事。これは皆さんにもあるかも知れません...が

毎日救急車が「5回」も走っているなんて事は、完全におかしいですよね。

とりあえず今日の記事はこの辺で終了したいと思います。

救急車の事も説明すると、「頭おかしい認定」されかねないので、気をつけたいところではありますが、

はっきり言わせてもらうと、この記事で書いている事は事実であり全て実話です。

※ユーザー目線で話すと...

ちなみに僕はうつ病でもなく完全な健常者です。

仕事ができないとかではありません。

子どもができてからこういった事は起こりました。

残念ながら、こういった事を話すと自分が気づかないだけで鬱病だよ。

といわれるのが、今の日本の現状なんです。そういう風にできているんです。

本当です!

まかだみ

勘違いじゃないの?と思われるかも知れませんが

紛れもない実話で、実際に体験しています。

もしかしたら続編を書くかも知れません。

こちらの記事もおすすめです。

  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-ブログ
-