未分類

<2021年>最新版!炭酸水を買う時代は終了?炭酸水メーカーのおすすめをご紹介!特徴やメリット・デメリットを解説します。

炭酸水メーカーとは、飲みたい時におうちで手軽に炭酸水を作れる優れものです。

毎日買いに行くのが面倒くさい、または頻繁に炭酸水を使う方は炭酸水メーカーを購入する事をおすすめします。

そんな方におすすめ炭酸水メーカーをご紹介する!!!
まかだみ
ずい
うるさいよ!!!

 

炭酸水メーカーとは?

炭酸メーカーは、作った炭酸が抜けにくい専用ボトルで炭酸水を作ります。もちろん、保存可能なタイプの方が便利ですし

パーティや5人家族など、大人数で飲むのに適した1ℓボトルや、ちょい飲みや料理に便利な持ち運びに便利な500mlボトルなど

ライフスタイルに合わせてボトルの大きさを選んでください。最近ではゴミの問題や、ペットボトルの置き場問題もあり、飲みたい時に

すぐ飲めて場所もゴミもでない、コスパも良い「炭酸水メーカー」が注目されているんです。

ずい
炭酸水が自宅で作れちゃうって事?
そうよ。しかもやり方は簡単だわ。
アリス

 



炭酸水メーカーのメリット・デメリットをご紹介!

・炭酸水メーカーを利用するメリット

実際に使ってみてのメリットをご紹介するわよ。
アリス

 

1  ペットボトル1ケースを買うよりもコストパフォーマンスが良い

炭酸水メーカーは、最初に本体の導入コストがかかりますが、ペットボトルの炭酸水500mlあたり約100円〜約150円くらいかかるのに対して

炭酸水メーカーは500mlあたり18円程度。

1日1本ペットボトルの炭酸水を購入したり、1ケースで買うよりコストパフォーマンスが良く、長く使うほど経済的です。

 

2  炭酸の強さが調節できる

市販の炭酸水ではできない炭酸の強弱も、炭酸メーカーなら、自由に調節できるので、ハイボールには強炭酸、子供のジュースには微炭酸など

シーンやレシピ、飲む人に合わせて違う強さの炭酸が楽しめます。

 

3  ペットボトル・缶のゴミ処理の手間が省けてエコ

飲めば飲むほど増えていくペットボトルや缶のゴミとは無縁なのも、炭酸水メーカーの良いところ。重たいペットボトル1ケースを買ってきても、収納するのにもひと苦労。キッチンの棚や冷蔵庫がペットボトルだらけになってしまいます。

一方、炭酸水メーカーは、作りたてをグラスに注ぐだけなので、ペットボトルなどの余計な容器は不要。

ゴミ袋がペットボトルであふれてしまうこともありません。ゴミを出す手間が省けて、地球にやさしいのもポイントです。

 

4  数十秒で炭酸水を作ることができる

炭酸水メーカーは簡単にスピーディーに炭酸水が作れます。ほんの数十秒で美味しい炭酸水が出来上がり!

「自宅で炭酸水を飲みたい」「晩酌用の炭酸水が切れてる」などと思った時に、あわてて買いに走る必要もありません。すぐにできたての炭酸水が飲めます。

 

・炭酸水メーカーを利用するデメリット

実際に使ってみてのデメリットをご紹介するわよ。
アリス

 

1  初期費用として数千円から2万円ほどかかる

炭酸水メーカーには、その本体であるサーバー消耗品として、ガスの元となる専用カートリッジやシリンダーなどが必要。

現在多くのブランドから炭酸水メーカーが出ていますが、初期費用(本体価格)は、数千円から2万円ほどでランニングコスト(利用時の費用)として炭酸ガスのシリンダーやカートリッジが数千円と、最初に投資する金額が少し高いというハードルがあります。

ただし、市販のペットボトルと比較しても高いということはなく、

安く作れるわ。

アリス

 

2  最初は水の温度調節が難しい

炭酸水は冷えているほど、炭酸が溶け込みます。ただ、あまり冷たい水は、体を冷やしてしまうため、海外では常温の炭酸水を好む傾向も。

また、温かすぎると炭酸が抜けやすくなるため、最初は、ちょうど良い水の温度調整に手間取るかもしれません。

 



ガスカートリッジ式とガスシリンダー式の違い

ガスカートリッジ式

ガスカートリッジ式はガスカートリッジ一本使い切りタイプ。使うごとにガスカートリッジをセットします。

一度に作れる量は、約1Lが平均的。美味しさは安定している。(強炭酸の調整はやや困難)

 

ガスシリンダー式

ガスシリンダーはガスカートリッジよりも大きいサイズ。小さなガスボンベといった見た目になります。

その分、ガスシリンダーで一度に作れる量は多い。美味しさはアレンジ・追求しがいがある。(強炭酸など、自在に調整可能)

 

<2021>炭酸水メーカーおすすめ <2選>

たくさんのブランドから出ている炭酸水メーカーから個人的に選ぶおすすめ商品をご紹介!

[ガスシリンダー式]炭酸水メーカー「ソーダストリーム」



【e-soda】で始める炭酸水のある生活

 

ソーダストリームとは自宅で簡単に炭酸水を作れるソーダメーカー。いつでも新鮮で作りたての炭酸を楽しめると人気のアイテムです。

 

世界中の家庭に毎年約20億リットルの炭酸水を提供している、世界No.1炭酸水ブランドであることが特徴。日本国内では、全国2,000点以上の店舗、

各オンラインショップにて取り扱いがあります。

さらに細かく!ソーダストリームのメリット

・お家で簡単に炭酸水が作れちゃう

・500mlあたり18円と驚異のコスパ(水代は別)

・ペットボトル等のゴミが出ない

 

さらに細かく!ソーダストリームのデメリット

・60Lでボンベの交換が必要

・本体の置き場所が必要

・2年でボトルの交換

・水が必要

 

といった感じで、普段ペットボトルの炭酸水を買っている人はかなり魅力的な商品だと思います。

 

ソーダストリームの主な特徴6つのポイントをご紹介。

・ボタンひとつで炭酸水ができあがる全自動モデル
・有名デザイナーと共同開発した洗練されたデザイン
・ブラックとホワイトの2色展開
・3段階の炭酸の強さを選べる
・スナップロック機能でボトルの着脱が簡単
・自動ガス抜き機能を搭載

 

[ガスシリンダー式]炭酸水メーカー「ドリンクメイト」

 

炭酸水メーカーといえば現状ソーダストリームが人気ですよね。

しかし最近になってとっても魅力的な炭酸水メーカーが現れました。それがドリンクメイト。

ドリンクメイトは、全く新しい高品質で新技術により開発された家庭用炭酸水メーカー。ユーザーのニーズに合わせて水以外の飲料に炭酸を注入できるドリンクメイトベーシックに加え、

従来の60Lシリンダーより大幅にコストパフォーマンスが上がったマグナムシリーズを開発しています。

なんとこのドリンクメイトはソーダストリームよりもコスパが良く、さらに水以外にも炭酸を加えることができるというスグレモノ。

 

・ちなみにメリット・デメリットに関しては、ソーダストリームとほぼ一緒です。

コスパはドリンクメイトの方が良いらしい。

 

ソーダストリームにはないドリンクメイトの特徴

・本体のコストパフォーマンスはドリンクメイトがおすすめ
・ソーダストリームは電動モデルなどあるがドリンクメイトは手動
・ドリンクメイトはガスのコスパが良好
・ドリンクメイトは水以外も対応
・通販の手数料はドリンクメイトが優秀

 

ドリンクメイトの特徴として「お水以外にも使える」という点があります。

100%の果物ジュースやワイン、気の抜けたビールなどに炭酸を追加する事が可能。市販の炭酸飲料の気が抜けた時に足す事だってできます。

ただ、お水以外にも使える利点以外は、ソーダストリームとあまり大幅に変わらないです。大体は一緒です。

 



ソーダストリームとドリンクメイトどっちがいいの?

ソーダストリームは店舗が多くてガス交換しやすい

ドリンクメイトはガスのコスパが良好

ドリンクメイトは水以外も対応

通販の手数料はドリンクメイトが優秀

 

ソーダストリームは先行メーカーということで、取り扱い店舗数やサイトのデザインが優れてたりととっても商売上手な印象です。

それに比べドリンクメイトは後発メーカーなのを活かし、ソーダストリームを真似しながらも独自の機能やコストパフォーマンスの良さで

一気に伸びてきていますね。

どっちがオススメなのかは、どちらも譲れない良い所があり

本来のコストパフォーマンスではドリンクメイトがオススメ。

ソーダストリームは電動モデルがあり、ガス交換がしやすいといったところでしょうか。

 



最後に一言

個人的にガスカートリッジ式よりガスシリンダー式の方がオススメです。

理由としては、非常にコスパが良いこれに尽きます。ガスカートリッジ式は使い切りタイプなので、一回で一個消費するのに対し、

ガスシリンダー式は、ガスがなくなるまで何回も使えるんです。

炭酸の強弱も自由自在。節約したい方は少しの炭酸でもOKです。

 

ぜひ炭酸水メーカーを購入するならガスシリンダー式をお勧めします。

 

以上で「2021年の炭酸水メーカーのオススメと、その特徴やメリット・デメリットを解説します」でした。

 

 

  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-未分類
-, ,