ブログ

【悲報】26歳の僕がブログを始めた理由。ヤバイやつだからブログを始めた。



皆さんこんにちは、まかだみです。

突然ですがこの 「まかだみ(makadami)」

相当ヤバいやつなもので「どうヤバいの?」「何がヤバいの?」とこの記事を読んでくれている方はそう思うはず。

 

いきなりヤバイとか意味わかんねえええええ
読者の化身
まかだみ
だからブログを始めたんでしょーが

 

そうヤバイやつだからこそこのブログを始めたのかも知れません。

 

では【何がどうヤバイのか?】【なぜブログを始めたのか?】をセットでこの記事を書いていきたいと思います。

では下記にてご閲覧ください。

 

 

学生時代は部活しかやってこなかった。

そう。全くもって部活しか取り柄がないといってもいいぐらい勉強をしてこなかったんです。

中学生の頃の成績なんか下から3〜8番目ぐらい?

 

当時の僕は、勉強をしていなくても勉強をしたつもりでいたし勉強しても頭に入ってくることはほぼ無かった。

地獄の作業といってもいいぐらい苦痛で仕方がなかったし、

なにより座って勉強すると胸が苦しくなる。(本当)なんていうかモヤモヤ感がひどい。

ソワソワするというかボーッとするというか、まったく集中できないのです。

 

ずーっとではないけど、基本そんな感じで勉強してこなかったのでもちろんバカのまま。

ただ高校の受験が近くなると勉強はさすがにしないとマズイのでそれなりに勉強はした。

 

高校は無事受かったが、高校入ってからも部活三昧。高校の成績はよくわからなかったが中の下ぐらい。もしくは下の上。

 

中の下?下の上?うん。
読者の化身
変わるかあああああああああ!!
読者の化身

 

 

高校卒業後は専門学校へ

 

高校卒業後、なにを血迷ったか調理専門学校に行ったのだ。

 

「高校生活も後少しで終わり」そんな時期、進路相談で担任に「料理人になりたいんです。」みたいな事を言ったような気がする。

 

担任からは 「サンジとか漫画やアニメをみて料理人になりたいと思ったんじゃないか?」

とか言われたような覚えがあるが、なにを隠そう全くもってその通りである。

 

ただ調理専門学校に行くからには、料理人としての道を極めようと思ったのも事実である。もちろん調理専門学校は無事卒業。

 

 

初めての社畜生活。ここからが地獄の入り口だった。

 

地獄の始まりはここからだった。もちろん調理専門学校を出ているので調理師免許は保有。

 

そんな僕の初の就職先は、調理関係のお仕事。だがしかし元々人間関係が苦手でコミュニケーションなんてどうとればいいのかわからない。

そんな感じなので仕事は続かず.....

 

もしかしたら「ヤッホーきみ元気い?」とか「朝うんちした?」とか声かけて見たほうがよかったのかもしれない。

 

だがしかし、それが通じるのは中学生や高校生までなのである。

 

むしろ中学生、高校生もそんな感じで適当なことしかいってなかったので、この現代社会でコミュニケーションをとるなんてのはもちろん無理。

仕事を変えては嫌われ、仕事を変えては嫌われ、そんな感じだった。

むしろ嫌われていて良かったのかも知れない。なぜなら人と付き合うともの凄く疲れるからである。

 

元々 人に気を使ってしまうタイプなので気楽といえば気楽だったが、26歳までの道のりはそれなりに険しかった。(現在進行中)

 

そんな僕が社会にでてよく目にする光景が「あ、そうなんですか。へえ〜」

思ってねえことを言いやがって....
まかだみ

他人の会話は聞こえてしまうもので、そのセリフは

面倒臭さががでていてマズイと思った。っていうか「あ!そうなんですか!へえー!!」にした方がいいと思った。

 

 

社畜生活で得られたもの。

 

仕事を変えては嫌われ、仕事を変えては嫌われ、そんな感じで転々としていたので、もちろん得られたものは無し!

ただ、職場を転々としていたおかげなのか それなりに経験は豊富なのかも知れない。

 

ただ、結局は仕事を辞めてしまうので、もちろん地位も収入もあがらず。ただの社会の底辺フリーターなのだ。

 

問題ありありだが、仕事を辞めた後の家での過ごし方のほうが深刻なもので、すぐに仕事をみつけようとはせずダラダラした日常。

 

もちろん貯金もどんどん無くなっていき、まさにドン底。

そんな切羽詰まった生活の繰り返しを今も続けているのがまかだみ(makadami)なのである。[2021年6月16日現在。]

 

まさにヤバいやつそのもの。

 

 

ブログを始めようと思った理由

僕は職場を転々とし、ほぼアルバイトやパートで食いつないでいたが、そんな給料で贅沢できるわけでもなく節約を意識した毎日。

掛け持ちで仕事を始めても良かったのだが、自分の時間はなくなる。お金は貯まるが、お金を使う時間は無くなる。

それでは意味がない。

 

甘ったれたこといってんじゃねええええ
読者の化身

 

そう言われてもおかしくない。だが毎日節約を意識した生活が続くのは嫌だ。さらに僕にとって1日8時間働くのはそもそもありえない事なのだ。

 

あと給料が安い!日給なら最低1万5千円は欲しい!

 

そこで僕は在宅でできる仕事を探した結果、見つけたのがこのブログなのだ。

 

当時の僕はパソコンがなかったので中古の安いパソコンを購入。

 

仕事も続かず、なんのスキルもない僕。このブログに懸けようと思った。

 

 

ブログのイメージ

 

僕がブログを始める前のイメージは、「辛そう。大変そう。楽しくなさそう。」

と思っていたが、実際やってみると意外と楽しい!

 

最初の1〜2ヶ月は楽しくはないがやればやるほど楽しくなるのも事実。

最初は辛いし楽しくないけど、今は楽しい気持ちのが上回っている。ような気がする。

 

この記事を読んでくれている読者の皆さんもこの記事を読んでブログのイメージが少しでも変わってくれればなあと思っています。

 

 

 

以上で「【悲報】26歳の僕がブログを始めた理由。ヤバイやつだからブログしかなかった。」でした。

 

【保存版】仕事にも遊びにも必ず本質が存在すると思う理由。

続きを見る


  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-ブログ
-,