SEO対策

【SEO対策】検索キーワードの種類と特徴を解説!

キーワード

皆さん こんにちはmakadamiです。

今日の記事では、「検索キーワード」とはそもそも何なのか?

 

検索キーワードについてや、重要性とその決め方などを

初心者の方でもわかりやすく説明していこうと思います。

 

検索キーワードとは?

はてなマーク

まずSEOは、「Googleで、上位表示するための技術」または「最適化」のことをいいます。

まあ要するに「情報を求める人が、検索を通じて求める情報にたどりつくための技術」ともいいます。

 

そこで大事なのは、「キーワード」です。

Googleは、巨大な「Q & A」で成り立っているので、検索とはつまり「質問」と一緒で、答えを出すのが「検索結果」なんです。

 

では、実際にどういうキーワードが検索に使われているかを把握することは、難しいものです。

ブロガーのほとんどは「検索キーワード」を調べるためにツールを使用しています。

それが下記になります。

 

キーワードプランナー

ラッコキーワード

 

になります。

キーワードプランナーでは、Googleが提供しているキーワード調査ツールで、

検索数の推多や、検索結果の競合がどのくらい多いのかを調べることができます。

 

ラッコキーワードは、キーワードリサーチツールです。

キーワードリサーチに必要な情報を収集してくれるツールです。

あるキーワードを入力すれば、そのキーワードを含んだ関連キーワードを表示してくれます。

 

また、キーワード調査ツールは他にも色々ありますが、キーワードプランナーラッコキーワードなどのツールを使用しておけば、基本的に大丈夫です。

 

意外に検索されてなかったりする?

意外にも「こういう検索してるでしょ。」というキーワードは、意外に検索されてなかったりします。

 

その逆も然り、検索されてなさそうな言葉が、多くの方が検索していたりするものです。

普段から検索データを見慣れていない方は、「このキーワードで上位にきたら、かなりの人がこのサイトにくるはず」

と思っている方は多いと思いますが、実際にはそうではありません。

 

さまざまなキーワードで検索に使われたりするものなのです。

思いつきの感覚で、キーワードを選定するのではなく、どういう言葉が検索されているのかを知ること。

が重要なのです。

きちんと検索されているキーワードを知り、サイトにキーワードを含めることで、そこではじめて上位表示することが可能となってくるわけです。

 

特に初心者の方は、「ビッグキーワード」で狙っていくのではなく、最初は、「ミドルキーワード」や「ロングテールキーワード」で狙っていくのがいいでしょう。

 

point

・検索キーワードとは、みんなが知りたいキーワードのことである。

・必ず検索キーワード調査ツールで調べること。

・感覚でキーワードを選定しないこと。

 

キーワードの種類

キーワードの種類

ビッグキーワードとは、「SEO」

ミドルキーワードとは、「SEO 始め方」

ロングテールキーワードとは、「SEO 始め方 内部対策」

検索語句の数が1語のワードを「ビッグキーワード」と言います。

2語のワードを「ミドルキーワード」、3語以上のワードを「ロングテールキーワード」と言います。

 

SEOの難易度としては、「ビッグキーワード」⇨「ミドルキーワード」⇨「ロングテールキーワード」

の順で高いです。

この見方だと一番難易度が高いのは「ビッグキーワード」ということになりますね。

ただし、ビッグキーワードのような1語のみで、上位表示を狙うのは、はっきりいって難しいです。

 

ただ、検索ボリュームも同様に、「ビッグキーワード」⇨「ミドルキーワード」⇨「ロングテールキーワード」

の順で多くなります。

 

キーワードの特徴(引用)

ビッグキーワード

ビッグワードとは、サーチエンジン利用者の大多数が、初めに連想する抽象的なキーワードのことです。検索数が多いので絶大な集客力があり、ビッグワードで検索結果上位を獲得することができれば、その効果は圧倒的といえるでしょう。

しかし、ビッグワードで検索結果の1ページ目に表示されるのは、大手企業のサイトなど強力なサイトばかりなので、非常に難易度が高く困難といわざるを得ません。さらに、ビッグワードは抽象的なキーワードなので、コンテンツ作成時にユーザーのあらゆるニーズを網羅できる内容を用意する必要があります。そのため、サイトのコンテンツを充実させなければならず、検索結果からのアクセス数を獲得するまで時間と労力がかかることが特徴です。

出典:https://hansoku.nifcloud.com/faq/question75/

ミドルキーワード

ミドルワードとは、ビッグワードとスモールワードの中間に位置するキーワードのことです。検索数が多く集客が見込めるビッグワードは、上述のとおり競争率が高く上位表示させるのは容易ではありません。そのため、ビッグワードほどの効果はないものの、ライバルの少ないミドルワードのSEO対策を徹底的に行うことが重要です。

また、一つひとつの集客力は弱くても、複数のミドルワードでアクセスを獲得すれば、ビッグワードと同じくらいの効果が期待できます。

出典:https://hansoku.nifcloud.com/faq/question75/

ロングテールキーワード

スモールワードとは、個人のニーズが反映された非常に具体的なワードで、ビッグワードと組み合わせて使われる関連ワードであることがほとんどです。

スモールワードを使って集客する施策は、ロングテールSEOと呼ばれています。これは、スモールワードをサイト内に散りばめることでアクセス数を積み重ね、全体的に集客力を高めるという手法です。

出典:https://hansoku.nifcloud.com/faq/question75/

 

トレンドキーワードとは?

トレンドキーワードというものも存在します。

トレンドキーワードというのは、Googleでまったく検索されていなかったワードが、新たに世間から注目されて、

突然伸びるキーワードのことを言います。

 

競合サイトがまったくそのワードにノーマークだったりすると、そのワードで記事を書くことで、簡単に上位表示が可能なことがあります。

 

トレンドキーワードを見つける方法は、Twitterの「トレンド」を参考にするといいでしょう。

 

ネットの記事やニュースから、知らない言葉や気になる言葉を抜き出しましょう。

そして、抜き出したキーワードを「Google トレンド」で検索します。

この作業を行うことで、過去から現在までの検索需要の変還を確認することができます。

 

トレンドキーワードかどうかの確認の仕方ですが、google トレンドのグラフが、突然右肩上がりに伸びていればトレンドキーワードです。

検索数のグラフ

グラフを見ていただければわかると思いますが、今まで検索されていなかった言葉が、突如伸びていれば、「トレンドキーワード」です。

(Google Trendsにて)

 

※ただ、トレンドキーワードが流行しているうちは、たくさんのアクセスが見込めますが、

流行が過ぎ去るとあっという間に、アクセスが集まらなくなるので注意してほしいところです。

 

 

キーワードの重要性

SEARCH

SEO対策で重要なことの一つとして、キーワード選びがあげられます。

 

自分のサイトやブログに大量のアクセスを呼び込もうとした場合は、「キーワード」が鍵になります。

SEO効果があるサイトでは、キーワードが練り込まれたページを量産して、アクセスを集めているのがほとんどです。

 

SEOを意識して、1ページに1キーワードで上位表示を狙って作成したページを、たくさんの数を作成すると

それだけの数のアクセス流入口があるというわけです。

 

アクセスを最大限に呼び込もうとした場合は、キーワード主導で設計されたサイトを作ることが必要になってきます。

 

ただし、基本的に【キーワードは1ページにつき1つ

これは具体的にどういう事かというと、たくさんのキーワードで書く記事よりも、1つのキーワードで書いた記事の方が、

そのキーワードで検索された時にヒットしやすくなるからです。

1つの話題を表現する際に、さまざまな言葉を使うのは、問題はないのですが、

1つのキーワードだからと言って欲張らず、1つのキーワードで際立っているほうが、「SEO」的にいいです。

 

point

・キーワードは1ページで1つ

 

以上で「【SEO対策】検索キーワードの種類と特徴を解説!」でした。

 

こちらの記事もおすすめです。↓

SEO対策
【SEO対策】注目を集める記事の書き方を解説!

続きを見る

 



おすすめの書籍↓

  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-SEO対策
-,