SEO対策

【SEO対策】基礎中の基礎知識を簡単に解説してみた。

SEO

みなさんこんにちはmakadamiです。

まずSEO対策とはつまりどういうことなのか?そこらへんを理解していない方が多いと思うので

この記事ではSEOの基本中の基本とも呼べる知識を説明していこうと思います。

よろしくお願いします。

SEO対策の実践的な事はこの記事では書かれていませんが、 SEOについての基本を学べると思うので是非みていってください。

SEOとは?

チェック

SEOとは「検索エンジン最適化」のことである。

【ユーザーに価値のある情報を提供したり、検索エンジンにページの内容を理解・評価されるよう内部対策をすることで、

Googleなどの検索エンジンでキーワードが検索された場合、自分のサイトが上位表示されるようにすること】

をいいます。

「クローラー」と「インデックス」の基礎知識

検索エンジンは、「どんな情報も知っている」「検索されたらその情報を取り出せる」ことが求められています。

まず記事を投稿してそれが、きちんとネットに公開されるためには、「クローラー」と「インデックス」の役割が必要になって来ます。

「クローラー」とは、インターネット上の情報を集めてくるロボット。

「インデックス」とは、見つけた情報を登録するロボットの事です。

例えば、貴方が本から「wordpress」について書いてあるページをみたいならどうしますか?

ずい
う〜ん、索引があるから、それでそのページを探すかなあ?

そう。つまりそれが「インデックス」。

クローラーにページをクロールされて、そのページが登録(インデックス)されないと、検索結果に表示されないわけです。

つまり大事なことは、きちんとクロールされてインデックスに登録されることが前提となります。

検索エンジンは「質問の意図を汲み取ることができない」

ちょっと極端な例を出しますが、サッカーをすることが大好きな人が、手にサッカーボールを持って「運動がしたい」といったら

誰でもその意図はわかると思います。

ただ検索エンジンはその意図を汲み取ることは出来ません。

ですが検索エンジンもある程度、ユーザーが求める答えは理解できます。

例えば、ワールドカップの時にその競技の試合開始時間が気になった場合、大体のキーワードで検索すれば、その試合開始時間が出てくると思いますが

ワールドカップの時期に、ワールドカップ関連の検索をする人が多いから、大体のキーワードで検索結果に表示されるわけです。

つまり検索エンジンも「今こういう検索をする人は、こういう情報が知りたいだなあ」と理解できているんですね。

もし貴方がどんなに記事のSEOを頑張っても上位表示されないなら、《ユーザーが求めている答え》と《貴方の書く記事》がそもそも間違っている可能性さえもあるのです。

この時期に、このキーワードは今どれくらい検索されているのか?

それを知る必要があります。

検索がヒットされるためのポイント

もちろん検索エンジンを作っているのも人間なので、不具合があったり、なかなかうまくいかないこともあるわけです。

SEO対策をしっかりして上位表示を狙いたいのであれば、Googleがどういう検索結果を作ろうとしているかそれを理解して、

SEO対策もそれに合わせることが大切だと僕は思うわけです。

なので検索がヒットされるためのポイントをあげると

ポイント

・ユーザーが検索している言葉を知ること。

・検索されている言葉をコンテンツ化すること。

・検索エンジンが正しく理解できるようなサイト、記事を書くこと。

が重要だと思います。

後は、リンクを集めることも検索順位をあげる手段として有効です。

検索結果に良好な結果をもたらす重要な事

point

キーワードの重要性

まず基礎中の基礎のことなんですが、【title タグ】や【meta description】には必ずキーワードを含めるようにしてください。

・title タグは、Googleの検索結果上にリンクとして表示される部分になります。

・meta descriptionは、ページタイトルの下の説明文に表示される部分になります。

【title タグ】は内部対策の中で、かなり重要だといって過言ではなく、検索エンジンがページの内容を理解するうえで重要な役割を果たしています。

ページタイトルとメタディスクリプション

我々人間も、ファイル名など見ればある程度内容は把握できると思いますが、それと一緒で、そのキーワードで上位表示を希望する事をGoogleに伝えなくてはなりません。

【title タグ】にキーワードが含まれていない。またはタイトルがつけられていないと、ページを書いた意味がなくなってしまうも同然なので

必ず書いておくようにしておきましょう。

meta descriptionを書く場合、キーワードは必ず含めるようにしておくのが良いでしょう。

また説明文は、そこまで見られるとこではありませんが、ユーザーが興味を持ってくれるような説明文が書いてあれば、クリック率も上がるので

きちんと書いておくのが良いです。

また meta keywordの設定に関しては、ほぼ意味がないものとされているため、設定しなくてOKです。

もし、やっておきたいなら、1つか2つまでにしておきましょう。

間違ってもここにキーワードを詰め込むということはしないでください。現在では、そういった事を行うとGoogleからペナルティを喰らうので注意。

meta descriptionも同様で、キーワードの詰め込みは良くないので基本的にしないようにして下さい。

最後に一言

SEOは確かによくわからないことが多いので、謎解きゲームみたいに「検索エンジンを攻略してみよう!」ってなっている人が多いです。

攻略するという見方で言えば、昔はまだ攻略しやすかったですが、悪質なサイトや品質の低い記事がネット上に溢れていたことから

今はより一層Googleも厳しくなってきている印象はあります。

検索上位に表示されることも、今は格段に難しくなってきている印象はあります。

SEO対策とは、ユーザーにとって価値のある記事を書き、検索エンジンにも理解できるようなサイトを作っていれば基本問題ないはずです。

今は、品質の低い記事を書いてばかりいるサイトは検索結果に出にくくなっています。

つまり、自分が言いたいことではなく、みんなが知りたいことを書くことを意識して書いて見てはどうでしょうか?

こちらの記事もおすすめです↓

【アフィリエイト】wordpressと無料ブログの違いを解説してみた。

続きを見る



  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-SEO対策
-,