未分類

ストレスは発散するものではなく、【幸せホルモン】セロトニンを分泌させよう。

転職や異動で職場環境が変わったり、責任あるプロジェクトを任されたり、また人間関係の悩みや上司との関係など、

仕事で大きなストレスを感じる場面は少なくありません。

また、プライベートでもストレスを感じる場面に遭遇することが多々あると思います。

 

ストレスが溜まるとどうなるの?
読者の化身
まかだみ
皆さんご存知だと思いますが、精神的に不安定になったり、うつ病に近い状態が続きます。

詳しくは下記にてご説明します。

 

今日はストレスを溜め込んでいる方に、日常で溜め込んだストレスを手軽に発散する方法をご紹介したいと思います。

 

 

ストレスとはなにか?

ストレスは簡単に言うと「外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態」のことです。

もっとわかりやすく言うと?
アリス

「心や体に生じる歪み・刺激そのもの・歪みを戻そうとする体や心の反応」のことです。

 

人間を風船で例えると

・Aがストレスが無い状態。

・Bがストレスを感じている状態。

B指で押すと凹む。

凹んでいる状態が「心と体の歪み」。または、刺激そのもの。

つまり心身に負荷がかかっている状態のことを「ストレス」と言います。

 

 

ストレスが溜まるとどうなるの?

ストレスが溜まりすぎると、自律神経の働きやホルモンバランスに悪影響が及びます。

「自律神経」は体全体の機能を調節する役割があります。

そのため、自律神経が乱れると免疫力が低下してしまったり、気分が落ち込みやすくなったりします。

 

ストレスが溜まると現れる主な症状

体に現れる症状

・頭痛、めまい

・下痢や便秘

・不眠

・生理不順

・倦怠感、体のだるさ

・肩や首がこる

・手が震える

・食欲不振

など。

心に現れる症状

・イライラしたり、感情的になる

・注意力、集中力の低下

・精神的に不安定になる

・不安感がつきまとう

・無気力になる

・新しいことに消極的になる

など。

 

過度なストレスを感じると上記のような症状が現れます。

またストレスを溜め込みすぎると「うつ病や不安症」になる可能性があるので、

もしこのような状態が2週間以上続くなら、精神科や心療内科を受診してください。

 

まかだみ
うつ病や不安症にかかってしまう方にも、実はさまざまなストレスが関係していたりします。

 

ストレスによって発生する心の病気

まかだみ
次にストレスからくる心の病気を紹介します。

ストレスからくる病

【うつ病】気分が強く落ち込み憂鬱になる、やる気が出ないなどの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるいといった身体的な症状が現れることのある病気です。

【自律神経失調症】不安や緊張感の高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気です。

【不眠症】入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が出現する病気です。

【燃え尽き症候群】モチベーションが高い人がやる気を失うことを言います。努力に見合った結果が出ない際や大きな目標を達成した際に陥るケースです。

【無気力症】なにもする気力がないこと。意欲のないこと。感情の起伏が小さくなったり、周囲に無関心になったりするような無気力な症状のことを言います。これらの反応は、強いストレスから心を守るための逃避行動だとも言われています。

 



サロン級の髪をあなたに【エマコッカーナヘアオイル】

忙しい方でも簡単にストレスを解消するには?

では本題にいきましょう。簡単にストレスを解消したい方へ。

運動やカラオケでストレスを発散する方法がありますが、もっと簡単にストレスを解消できる方法が

 

セロトニンを分泌させることです。

 

セロトニンとは、ストレスに対して効能のある脳内物質です。心と体を安定させ、幸せを感じやすくする働きを持つと言います。

しっかり分泌されていると、ポシティブな気持ちが沸き上がって活動的になるうえに、アンチエイジングや直感力を高める効果もあります。

 

セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情のコントロールや神経の安定に深く関わっています。

 

ポシティブやネガティブというのは、心の問題でもあるのですが、実は脳の働きも関係しています。

セロトニンが不足すると、体がいつまでもだるい状態が続いたり、どんよりとした気分から抜け出せなくなります。

つまりセロトニンは元気を心と体に与えてくれる”特効薬”なんです。

 

セロトニンの一番の敵はストレス。ストレスを感じるとどんな人でもセロトニンの分泌は悪くなります。

ただ、ストレスを完全に取り除くことは難しいものなので、普段からセロトニンがしっかる出る生活をすることが大切です。

 

セロトニンを増やすには?

セロトニンは脳内で作られますが、その材料として必須アミノ酸のトリプトファンが必要となります。

ただトリプトファンは体内で生成できないので、食事から摂らなければなりません。

食べ物から摂取したトリプトファンは、日中に脳内でセロトニンに変化します。

 

また、運動を極力しないでセロトニンを分泌させるには、太陽の光を浴びるのもいいです。

太陽の光が網膜を刺激して直接セロトニン神経を活性化させることも判明しています。

 

セロトニン神経は30分も日光浴すれば活性化が起こるので、日焼けが気になる方でも問題なく太陽の光を浴びることが可能です。

 

トリプトファンが多い食材

トリプトファン含有量ランキング

カツオ310mg
豚ロース280mg
マグロ赤身270mg
鶏ムネ肉270mg
250mg
そば(乾麺)170mg
パスタ(乾麺)140mg

また大豆、卵、チーズ、かずのこ、煮干し、レバーもトリプトファンを多く含んでいます。

 

呼吸を整えることも有効

セロトニンを増やす方法として、呼吸を整えることも有効です。

「胸式呼吸」ではなく、肩や胸を動かさず、お腹に空気をためて息するような「腹式呼吸」です。

 

腹式呼吸によって横隔膜を意図的に動かすと、神経が刺激され、セロトニンの分泌が増えるのでぜひやってみてください。

 

ガムを噛む行為でもセロトニンは分泌する

運動の中でも効果的にセロトニンを分泌させる方法がリズム運動です。

その中でも極力、体を動かさずセロトニンを分泌させるリズム運動が噛むことです。

 

ガムを噛む行為でも20分続けていると、脳内のセロトニン濃度が高くなります。

体を極力動かさずセロトニン分泌させたい方にはもってこいでしょう。

 

 

最後に一言

まかだみ
トリプトファンを摂取し、セロトニンの分泌を促すのもいいですが、体を動かすことも大事です。

運動することで、健康増進・体力向上・体型の維持・忍耐強くなったりとさまざまなメリットがあるので運動することもすすめます。

 

 

以上「ストレスは発散するものではなく、【幸せホルモン】セロトニンを分泌させよう。」でした。





  • この記事を書いた人

まかだみ

1995年生まれの茨城県出身フリーター
不労所得を獲得の為ブログを開始。
ブログ運営のノウハウを日々勉強し、主にその情報発信をしています。 基本的な記事から上級者向けの記事などを幅広く執筆しています。
【好きな食べ物】
寿司・焼肉・ラーメン・アイス。

-未分類
-, , , , ,